2009年10月26日

真実と世間体

男性が悲壮感漂う表情で子供を抱きかかえる1枚の写真があった。

それにまつわる話。

その写真が掲載されていた記事を見ていた人が、知人から『ある事』を知らされた。

記事の写真は男性に抱きかかえられた子供の『膝から先は写っていなかった』のだが、基となる写真では『つま先まで撮られていた』のだ。

その基となった写真と記事の写真を見比べた。

違いは誰でもすぐ分かる。

子供の『足首が皮1枚でかろうじて繋がっている』状態で垂れていたのだ。

戦争や紛争に巻き込まれたのだろう。

その写真を掲載した記事は企業からの献金やスポンサーや様々な事情や配慮から『膝から先を見せない写真』に仕上げたのだろうが、カメラマンからすれば憤慨で侵害だ。

現場で身を削り、命掛けで撮った写真が卓上で修正されて、世に出る。

カメラマンが世界に伝えたい事実や真実はねじ曲げられ、その被写体となった男性や子の感情もまた違った意味を持たれてしまう。

膝から先があると無いとでは大きく異なるし、写真を見た人が抱く『男性が悲壮感に満ちた表情をしていた理由』が違ってくる。

そのような修正をしてしまうマスコミを批判しても仕方ない。マスコミ各社はマスコミなりに伝えているからだ。

例えば自動車メーカーがスポンサーの番組なら『どこどこメーカーの車はポンコツだらけ』的な話は出来やしない。

一個人でも言える事や言えない事がある。

大きくなれば尚更だろう。

だから鵜呑みせず、我々は考えて情報を処理するしかない。

中学生の頃、隠していたエロ本が母親にバレた時「こんな女性が世の中にたくさんおると思ったあかん!」と怒られた。

その一言でエロに満ちた大人の世界に憧れ、夢を見ていた中学生の僕は見事に打ち砕かれた。

おかん、ほんまにそうやね。
この記事へのコメント
(´・ω・)お恥ずかしながら、中学3年の某日まで自分のことを
「美人だし!かわいいし!それなのに頭いいし!どうしよう!けっこう完ぺき!」
とか全力で勘違いしていたのですが、

成金の娘・医者の娘・地方議員の娘などなど蝶よ花よと育てられた「中途半端お嬢様」がわんさかいる女子中学校のクラスメイトを、
よくよく観察して接してみれば。

ゴリラーマンのようなあの子も、潰れた豆腐のような顔のあの子も、ビア樽のようなあの子も・・・
多くの子が自分自身のことを「かわいいし!かしこいし!」と思ってやがるのがわかりまして。
「(´・ω・)は?おまえら馬鹿じゃねーの、このブスどもめ。」と思った瞬間、ハタと悟りましたね。

「嗚呼…私も他から見れば、同類の馬鹿ブスなんだ。」と。

(´・ω・)これ以降、自分の顔面レベルの真実と向き合うようになりました。

こんにちはリアリティさよなら夢さよなら幻想、です。


(´・ω・)そんな私の自分語りなあほなコメントはさておき、
池上さんのこのブログの記事、とても良いですね。
池上さんの物の見方が、バランス感覚に優れてるなあと思いました。
Posted by 将鼓 at 2009年10月27日 00:55
>話題と関係ないんじゃねーの?自作自演?
Posted by 李 黒木 at 2009年10月27日 04:29
将鼓さんへ

『自分語り』いいですね。面白かったです。

事実は勘違いではないと思うので、中学3年で意識の変化が起きたのですね。

昨日の深夜コンビニに行くと、小学生の頃『幻の魚・クエ』に似ていた男友達が、オーナーでは無いものの立派に店長として働いていました。ゴリラみたいな僕はバナナを買わずに煙草を買って店を出ました。

僕にバランス感覚があるならば、浅田真央ちゃんは連続して回転ジャンプが出来るはずです。煩悩の数だけ。
Posted by DNA池上 at 2009年10月27日 19:25
李 黒木さんへ

はじめまして。

利益優先で『自作自演』の写真もあるでしょう。

ブログのオチは流れから遠く離れた感はありますが、その前の内容は僕に話してくれた人の事をブログにしたので『自作自演』かどうかは分かりません。

心の鏡に映った事がその人にとっての真実でしょう。
Posted by DNA池上 at 2009年10月27日 20:35
丁寧にありがとうございます。
失礼なこと書いちゃったかな…。
Posted by 李 黒木 at 2009年10月27日 20:56
李 黒木さんへ

とんでもないです。何も失礼だと感じていません。

こちらこそ度々コメントありがとうございます。
Posted by DNA池上 at 2009年10月27日 23:45
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。