2009年09月13日

タマは無いけど金メダル

ベルリン世界陸上の女子800メートルに出場し、1分55秒45の圧倒的な強さで金メダルに輝いた南アフリカ代表、キャスター・セメンヤ(18)。しかし試合後『性別疑惑』が浮上していた。

国際陸連(IAAF)が調査を行い、精密検査の結果は『両性具有』。

両性具有といっても個人差があり様々。外見が女性でも膣がなかったり、体内に睾丸と卵巣の両方があったりするらしい。セメンヤ選手は『卵巣がなく精巣がある』と医学的に報告された。

そして11月21日の理事会以降に最終判断が下される。

この場合はどうなのでしょう。医学的に女性や男性か強制的に分けられるのか、それとも本人の意思がそこには反映されるのか。選ぶ権利があればいいな。

『パラリンピック』があるように、両性具有選手が活躍出来る大会があってもいいと思う。それはそれで色々と問題なのだろうか?

今まで女性として過ごしてきたのに、いきなり男性だとされたら混乱しますよ。

僕は明らかに男性ですが、もし今から女性として生きろと言われたら、戸惑いと興奮が冷める前に真っ先に『女湯』に向かいます。
この記事へのコメント
(´・ω・)ほんとですね。
無差別級があるみたいに、無性別級作ったらいいのに。

両性具有の人が性を気にせず活躍し、
シンクロでは女性用水着でオカマさんが舞い、
柔道ではヤワラに寝技に持ち込まれて男性選手が嫌だ嫌だと泣き叫び、


(´・ω・)平和の祭典ぢゃ。
Posted by 将鼓 at 2009年09月14日 01:25
将鼓さんへ

おっしゃるように『無性別級』は人類の頂点を決められ、ジェンダーフリーなガチンコ勝負で素晴らしいですね。
Posted by DNA池上 at 2009年09月15日 16:45
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。