2009年07月21日

ピンクな余韻

『ピンクタイガー#3』は凄まじい光景とともに大盛況のまま終了し、関係者の方や出演者の方に挨拶を済まし、杉たかし師匠と伊藤製作所さんと千日前のマクドに行きました。23時を過ぎたマクドの客はそれなりに強烈ですが、僕らの面子もそれなりに強烈だったはず。

24時20分頃に杉たかし師匠が帰られるとの事でお見送りをし、それからは伊藤製作所さんと僕。

伊藤製作所さんと僕という構図は端から見れば『ノン気(僕)の人があっちの世界(伊藤製作所さん)に誘われ口説かれている』ように見えたかも知れませんが、そういうのは一切なく、時折冗談を言いつつも互いに結構腹割って色々と話しをしました。驚いた事に下ネタは一切なし。

そして気付けば27時30分。

伊藤製作所さんは今日10時から今宮戎の予選があるのにもかかわらず、全く予定のない僕に深い時間まで付き合ってくれました。心優しい『ゲイ人』です。

遅くまで付き合わせ、ネタくりの邪魔をした僕が言うのもなんですが、是非とも伊藤製作所さんには予選通過して欲しいです。

伊藤製作所さんとはここでバラけて、僕はフラフラ難波を歩いていました。その時ふと鞄におにぎりが入ったままなのを思い出して、吉野家の近くで牛丼的な匂いを嗅ぎながらおにぎりを食べました。ちなみにそのおにぎりは賞味期限が5日過ぎていましたが、海苔がヘニャヘニャしてるぐらいで味には全く問題なかったです。

おにぎりを食べた僕は体力が少し回復したので朝5時まで道頓堀のTSUTAYAで立ち読みをし、それから梅田に向かってフラフラ歩き、その途中の本町のマクドに入りこのブログを書いてます。

そして再度アイスコーヒーを飲みながら再度『ピンクタイガー#3』のイベントを振り返っていると、自分がネタをした事を忘れていました。それぐらいイベントが楽しかったし楽しんでいたし、ナオユキさん、ぬまっちさん、HTHさん、松原タニシさんと御挨拶が出来たし、とても勉強になったイベントです。

そして今僕は『墨汁がかかった服』を見てニヤリニヤリと思い出しています。
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。