2010年09月29日

肛門観察日記九日目



染みて切れてる痛みに『発熱』が加わり、上のお口からはパブロン、下のお口からはボラギノール。

下はお口ではない!出口だ!

そんな最悪な中、バイト→イベント出演→バー営業と、普段と変わりない日が流れ、イベントでネタしてトークしてたら、発熱も痛みも気付けば治まっていた。

そんな月曜から明けて火曜は、前夜の肛門とは思えず別の肛門ではないかと思うぐらい、同じ動作をしても痛みが全く違う。

高島屋でウォシュレット。

なんばパークスでウォシュレット。

難波の街は昔と変わり、今やウォシュレット・ジャングルさ。

■現在の肛門状態
僕の肛門にある突起は『いぼ』だと認識するようにした。認める事により、何か新しい自分が誕生するはずだ。

「痔は私の一部であり、私は痔の一部である」
(DNA池上・芸人)

なんでやねん!!!!!
この記事へのコメント
ごめん。人の○○の事で、ほんとに余計なお世話やけど(-_-;)

友人の看護師に「どうすれば切れ痔は治るん?」と、聞いたところ、そんなつもりはなかったのだが、どうやら私は薄笑いを浮かべていたらしい。

「切れ痔ナメんなよ!(え!?)患者さんは、どんだけツライと思ってんのよ!」
と、すごい勢いで怒鳴られたわ。。。

病院で内診はあるけど、飲み薬を処方してもらえるんだって。
痛みとか出血とか、すぐ治まるらしいから行った方がよくね?排便もラクになるってよ〜♪

マジでそのままだと悪化の一途。激痛になるって よ…(>_<)
Posted by りさ at 2010年09月29日 14:59
りささんへ

確かに切れ痔の状態でナメられたり触られたりしたら、どうなる事やら。

僕のせいで友人の看護師に怒鳴り散らさせてしまい、すみません。

悪化させ、治療期間や治療費も高くなってしまったら『切れ痔借金芸人』という新カテゴリーにはなりますが、そうなるまでに病院。

いつ行こうか、いつ行くのだろうか。
Posted by DNA池上 at 2010年09月30日 05:22
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。