2010年09月27日

肛門観察日記七日目



肛門が傷ついて一週間。

普段の生活でいかに肛門に力が入っているのかを実感させられた。

『白鯨女子高お笑い部』に出演中、立ちトークから座りトークにうつる時、肛門に痛みが走り、一時座れなくなり、僕だけ少し遅めに着席した。情けない。

この調子だと、イベントの内容とは関係ないのに、肛門のせいで進行や展開に支障をきたしてしまう可能性もある。僕の肛門の状態なんてどうでもいいのに、そうなってしまったら見に来てくださったお客様に申し訳ない。

清潔に保たなければいけないからウォシュレットをするも、水力を一番弱くしても痛い。

土曜から日曜にかけての睡眠時間が30分だったので、それが原因で疲れから免疫が薄れていたからか、季節の変わり目だからか、肛門の傷の発展からか、少し熱っぽい。

嗚呼、最悪。これは病院に行くべきだな…。

■現在の肛門状態
またパンツに出血していた。肛門の中を見比べたら、右はなんともなく正常だが、左が膿のように白っぽく赤い状態。大便したらそこが染みているのか??変わらずいぼみたいな腫れもあり、そこも切れて出血している。
この記事へのコメント
池上さんはいつも明るく感じが良い好青年。

でもこのブログのせいで(?)ニコニコしている池上さんだが、今この瞬間も痛いのだろうか…。

今イスに座ったけど○○は裂けなかっただろうか…。
そんな目で見てしまっている(-_-)

病院へ行って下さいね。
Posted by りさ at 2010年09月28日 16:12
りささんへ

とんでもない。

いつも明るく感じが良いのは、りささんです。

確かに察する通り、痔になってからテンションは明らかに低いです。

しかし僕は芸人なので、与えられたこの肛門と上手く付き合っていきたいと思っています。

ただ、これ以上の出血と痛みを感じたら、すぐ病院に行きます。

いつもお気遣いありがとうございます。
Posted by DNA池上 at 2010年09月28日 17:15
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。