2019年08月03日

宮城3日目

仙台3日目!

宿を10時に出て、まず向かったのは昨日も行ったこの場所、EBeanS(イービーンズ)3階特設会場にて、2019年7月31日(水)から8月4日(日)まで期間限定開催のTHE YELLOW MONKEY写真展「SPECIAL EXHIBITION of THE YELLOW MONKEY」です!

たぶん、2時間ぐらい居ましたね!

30枚弱の写真を、くまなくくまなくバルンバルン堪能しました!

それからJR仙台駅東口から発車している臨時直行往復バスに乗り、宮城セキスイハイムスーパーアリーナに行き、日本を代表するロックバンド「THE YELLOW MONKEY」の全国ツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 -GRATEFUL SPOONFUL-」宮城公演2days初日を見ました!

アリーナ21列62番。

「太陽が燃えている」がリリースされた1995年頃、何かの番組で、その曲のPVを見た中学生の僕は「かっこいいし、なんかたのしそうやなぁ」と感じた時から、ライブに初めて行った時から、今2019年8月3日、人生史上最接近で、THE YELLOW MONKEYのメンバー全員を見られました!

なんば白鯨の舞台を、なんば白鯨の出入口付近から見るような距離で、THE YELLOW MONKEYを見ました!いや、なんば白鯨のキャパ分からん人はイメージしにくいわ!

前回は同じツアーの6月7日(金)大阪城ホールでの公演。

演目がトランプの
♦️(ダイヤ)
♥️(ハート)
♠️(スペード)
♣️(クローバー)
と、4種類のセットリストが用意されていて、前回の大阪公演はダイヤ公演3回目で、今回の宮城公演はダイヤ公演のファイナルでした!

以前、コンビを組んでいた時、THE YELLOW MONKEYのように全国ツアーをしたくて、全国の皆様の笑顔が見たくて、僕は全国ツアーのスケジュールを組んでました。

元相方も一生懸命ついてきてくれました。(本人が「必死についていきました」と答えてましたので、それを一応信じての表現です)

笑って楽しみ、苦しんだ坂道を登りきったら何があったか。

解散がありました。

非常に不透明で生々しい解散でした。

活動縮少を発表して、活動ペースを少なくしたりと試行錯誤はしてみましたが、解散への風吹き止まぬ、そして解散へと向かいました。

解散後、責任感や正義感というよりかは倫理観というか、汚れた恥部のような何かが、僕のどこかに異物感のようにありました。

しかし、宮城は仙台という東北の地で、THE YELLOW MONKEYの名曲楽曲の数々を聴いていたら、身が気が楽になりました。

音楽には魔法の力があります。

お笑いにも似たように魔法の力があると信じています。

僕が出来る事、僕にしか出来ない事、それらを表現して、皆様に笑って楽しんでいただけたら、いいなぁ。

シンプルなんやけどなぁ。

仙台の空は、優しいだけの青ばかりでした。

■THE YELLOW MONKEY - I don't know
https://youtu.be/DKBeA8i3ato

■THE YELLOW MONKEY HP
https://theyellowmonkeysuper.jp/  
Posted by DNA池上 at 21:45 Comments( 0 )