2018年09月21日

国立

さてさて、5年連続5度目の!

国立文楽劇場!

過去をさかのぼってみましょう!

1回目は、
■2014年2月22日(土)
国立文楽劇場小ホール
「第9回上方演芸若手育成会」
[漫才]地獄の遺伝子
[落語]森乃石松
[奇術]土井崇雄
[浪曲]浪花亭友歌
[曲芸]キビート
[落語]桂三ノ助
[浪曲]真山隼人
[漫才]荒川いたし・篠原かいし
[漫才]二葉由紀子・羽田たか志

初めての国立。じぃちゃんの命日やったなぁ。ばぁちゃんが「膝悪くなかったら見に行きたい」言うてくれてたなぁ。懐かしい。

2回目は、
■2015年1月10日(土)
「第10回上方演芸若手育成会」
[漫才]地獄の遺伝子
[落語]桂華紋
[漫才]巷
[浪曲]京山幸太
[諸芸]右尾祐佑
[落語]桂鞠輔
[浪曲]真山隼人
[漫才]シンデレラエキスプレス

シンプレさんの漫才を勉強させていただいてる時に、色んなジャンルの色んなお客様がいてはる事を、身に染みて実感したなぁ。

3回目は、
■2016年7月27日(水)~30日(土)
「第84回上方演芸特選会」
[落語]桂咲之輔 / 露の眞(交互出演)
[浪曲]天中軒涼月
[漫才]地獄の遺伝子
[講談]旭堂南海
[太神楽]豊来家板里
[浪曲]松浦四郎若
[落語]桂春之輔

五代目「天中軒雲月」師匠に、ほんとよくしてもらったなぁ。それから道頓堀ZAZAの昼寄席や、今年からの浅草の木馬亭での司会の際もかわいがってくださって、懐の深さと優しさを感じたなぁ。

4回目は、
■2017年11月22日(水)~25日(土)
「第92回上方演芸特選会」
[落語]林家染八(23日・25日) / 桂小留(22日・24日)
[浪曲]京山幸太
[漫才]地獄の遺伝子
[講談]旭堂南北
[奇術]帰天斎正紅
[浪曲]真山一郎
[落語]森乃福郎

この4日間は題材は大きく変えず、4日間通して1本の漫才をするってのを、あえてしてみたなぁ。15分の漫才が、4日間で色んな広がりと縮まりがあったなぁ。  
Posted by DNA池上 at 23:52 Comments( 0 )