2018年07月04日

サッカー日本代表

サッカー好きの漫才師の36歳のおっさんのタラレバ。

1失点目のシーン。ボールの軌道を目と身体で追っていたけど、最終的には日本代表GKにはアクションをチャレンジをして欲しかった。もし身体を投げ出すぐらいがむしゃらにジャンピングしていたら、ベルギーの得点を反撃ののろしを阻止出来たかも知れないので。サッカーの試合で『3点目』は非常に重要な訳で、その3点目がベルギーに入った(ベルギー1+日本2=3点目)事で、ベルギーのギアはそれで入ったし、もし日本に3点目が入った(日本3+ベルギー0=3点目)なら、息の根を止める3点目になっていたかも知れません。それぐらい重要なベルギーの1点、試合における3点目でした。

得点を許してしまった後の、時間経過と試合運び。約5分で2失点ですからね。耐えて耐えて前半を無失点で折り返し、先制して追加点を約5分後に日本は入れて『弱者が強者に勝つロシア大会の流れ』を作れつつ、残り30分を切ってからの失点。そしてまた失点からの選手交代。失点する前にリズムが変わるのを恐れず、ボスのようなスーパーサブをベンチが強気で選手交代するのと、同点の時とでは後手後手というか後手後手ではないけど、ベルギーに対して精神的に与えるプレッシャーが違ったのではと思います。

後半アディショナルタイムの使い方。スーパーサブのFKはほぼ完璧でしたよね。僕は蹴った瞬間に『入った!勝った!』と思いました。距離はあるけど狙える決められるFKの実力がある選手ですし、大会の流れ的に、サッカーの流れ的にドラマ性と強豪国が弱小国に負ける流れがありましたし、日本代表のスーパーサブがFKの名手がアディショナルタイムに距離はあるけど狙える位置、なんやったら蹴る前から僕は『決まった!』と思ってました。しかし結果は完璧なFKに対して完璧なベルギーGKのセービングにより、完璧と完璧が光り合いました。一瞬でも半歩でもベルギーGKが左に重心がウェイトがかかったら、直接FKは決まって日本の歓喜のシーンがあり、日本代表は選手交代を要求して、そして試合終了、初のベスト8進出、になったと思います。

そして『最大のタラレバ』と僕がその瞬間にサッカー日本代表の歴史が走馬灯のようになったシーン。それも後半アディショナルタイム。アディショナルタイム4分の目安4分に差し掛かろうかとする時に、日本代表が得た左コーナーキック。僕はまずこの瞬間、94年ワールドカップアメリカ大会に行けなかった「ドーハの悲劇」を思い出しました。ワールドカップ予選の借りを、本大会のトーナメントで、しかも初のベスト8進出がかかっている試合のアディショナルタイムでその借りが経験を活かして返せると思いました。しかし、僕が見る限りあっさりと中にCKを蹴り、あとは…、ね、それで天国から地獄へと。なぜ『一番可能性が低いボールを蹴ってしまった』のか。スーパーサブは完璧なFKがセービングされたから『気持ちが前がかりになってしまった』のか、ワールドカップという魔物がそうさせたのか、勝利する為のいくつかのプランニングと判断力に欠けていたのではないか。日本代表のキャプテンがスーパーサブの、チーム全体を、ピッチ内で円陣組むぐらいの勢いで、試合とめてしまうぐらいの勢いで、声掛けして、遅延行為でイエローカードもらってでもあの瞬間、落ち着かせて欲しかったです。ゆっくりコーナーに行くとか。そして時間を使い、ドーハの悲劇の逆シナリオとして、ショートコーナーからの切り込んで、中をえぐってゴールずどん。もしゴールが出来なくても、アディショナルタイム目安4分を越えて、もし笛が鳴っても『90分で負けない試合運び』となり、延長そしてPKも視野に入れてベスト8進出にかける試合にして欲しかったです…。

…こんな事、僕ですら思うのですから、日本代表の監督、コーチ、スタッフ、関係者、そしてピッチ内の選手は分かってるんですよ、だいたいの事は。でもそれを表現出来ないのが、人の生々しさです。機械ならプログラムすれば誤作動がない限り完璧にそれを表現しますからね。

イタリアやオランダなど、根本、ワールドカップに出られなかった強豪国があります。それぐらい欧州とアジアには力の差があります。でも勝負の世界、特に『チームで戦う勝負の世界』では、力が大きく離れていても魔法の力で勝利を手にする事があります。

勝者、歯車の合致。

敗者、ボタンの掛け違い。

見えないそれらの影響と、プラスアルファ魔法の力で、勝敗が決まる。

不思議なもんですね。

正直、今、すごい苦しいです。悔しいです。日本代表がベルギーに負けて。

負けた瞬間に僕は試合をパブリックビューイングで見ていた場所「とんぼりベースカフェ&インフォ」を出て、家に帰りました。

泣いてました。

監督や選手のコメント、サッカー関連の記事は、いつも必ず見たいのですが、今は自発的にそれらの情報を入れられない僕がいます。

日本代表が負けたという結果の整理がつけられない状況で、他のさらなる情報は整理がつけられません。

耳にしたり、話してくれたり、SNSで目にしたりはしますが、日本代表に関する事を自発的に映像を見たり記事を読んだりは、試合終了と共に全くしてません。

僕ですら、これですから。

だから、日本代表の皆さんはメンタル半端ないですね。強いなぁ、プロやなぁ。

…あッ!ちゃいまっせ、僕のメンタルが今、ズッタズタで病んでるとか、そんなんちゃいますからね!それをちゃんと言うとかんと、このブログまで読んでくれてはる方々は、愛情と興味深く僕ら地獄の遺伝子に接してくれてはる方々なんで、ものすご心配してくれはりますもんね。

すんません、すんません、病んでます。病んでんかい!嘘でっせ、何も病んでませんからね、寝不足なだけですからね!でも本来からショートスリーパーなので、寝不足すら大丈夫です。おっさんなってきたんで、疲れとお酒は抜けにくいぐらいです!昨日、漫才中顔色悪かったみたいですが、本人は気付いてませんでしたからね!ものすご楽しく漫才5回してましたからね!だって昼寄席を「ハクション中西」さんとツーマンでさせてもらえたんですよ!そしてそこにお客様がそれぞれ調整してくださって、劇場に足運んでくださった訳でね!めちゃくちゃ嬉しかったですからね!

それとは別で、病んでます。いや、だから病んでないねん!

とにかく、僕は元気ですし、サッカーの話は7月8日の単独と、7月10日の「踏み台寄席」でしたいなと思います!いや、まだすんかい!踏み台寄席は踏み台にする場、自由な寄席がコンセプトですから!

この悔しさをバネに、日本代表からいただいた勇気と誇りを胸に、僕は漫才師ですが、それらを活かして漫才します!

毎日楽しいです!皆様、いつもありがとうございます!

【昼寄席】
■会場
道頓堀ZAZA HOUSE

開演
11時~
12時~
13時~
14時~
15時~

料金500円。各回30分。入替制。

■7月2日(月)出演者
ハクション中西
地獄の遺伝子
グランデ
俺がハットリ

■7月3日(火)出演者
ハクション中西
地獄の遺伝子

■7月5日(木)出演者
石野桜子
地獄の遺伝子
バッチトゥース
万次郎

■7月20日(金)出演者
ひこーき雲
ハクション中西
地獄の遺伝子
コヤゴ星人

■会場
道頓堀ZAZA POCKET'S

開演
11時30分~
12時30分~
13時30分~
14時30分~
15時30分~

料金500円。各回30分。入替制。

■7月9日(月)出演者
横山ともやみちや
ひこーき雲
地獄の遺伝子

■7月10日(火)出演者
横山みちや
ひこーき雲
地獄の遺伝子
桂和歌ぽん

■7月15日(日)出演者
ハクション中西
地獄の遺伝子
万次郎
はちごー

■7月21日(土)出演者
ミスターオオサカかいし
地獄の遺伝子
バッチトゥース
桂和歌ぽん

【毎月開催の単独】
■7月8日(日)
「地獄の遺伝子vol.109」

会場
ライブシアターなんば白鯨

開場19:45
開演20:00

料金¥1,500-(1drink別)

出演
地獄の遺伝子

ヘル東内とDNA池上のコンビ『地獄の遺伝子』の単独お笑い地獄めぐり!漫才とVTRとお楽しみ!

【公開録音】
■7月9日(月)
「華ちゃん池ちゃんごきげんラジオ公開録音vol.16」

会場
ライブシアターなんば白鯨

開場22:15
開演22:30

料金¥700-(1drink別)

出演
アメリカに負けないエンタメでお馴染みのスーパースペクタクルライブエンターテイナー『華井二等兵』と、関西演芸協会の漫才師『地獄の遺伝子DNA池上』が、毎週月曜配信しているネットラジオ番組の公開録音!会場限定オフトークあり!

華ちゃん池ちゃんごきげんラジオ
http://mokkomoko-channel.seesaa.net/category/26491184-1.html

【ピンネタライブ】
■7月10日(火)
「踏み台寄席vol.91」

会場
ライブシアターなんば白鯨

開場19:45
開演20:00

料金¥1,000-(1drink別)

出演
石野桜子(調整中)
竹下ポップ
地獄の遺伝子DNA池上
にしね・ザ・タイガー
単細胞

このライブを踏み台に次のステージを目指すネタライブ!
自身のネタ、キャラ、ポジションを固めるべく、アクの強い芸人が集い真剣にお笑いに立ち向かう!
芸歴も所属も実績も関係ない!とにかく、オモロクなりたいんや!

【歌謡ショーの司会】
■7月16日(月・祝)
「道頓堀歌謡onステージ」

会場
道頓堀ZAZA-HOUSE

開場11:00
開演11:15
※受付・整理券配布は10:00~
(注:整理券はおひとり様1枚のみ配布)

夜公演
開場15:45
開演16:00
※受付・整理券配布は14:45~
(注:整理券はおひとり様1枚のみ配布)

料金
前売¥2,000-
当日¥2,500-

出演
昼公演
林健二

島あや子
城エリナ
成田洋介
早浪美加
森川大輔
山名眞
(50音順)

夜公演
林健二

愛ゆう子
岡田由美
高尾三佐江
中峰美由(&大石光雄)
藤岡末起子
淀夏希
(50音順)

司会
地獄の遺伝子

チケットお取り扱い
お問い合わせ
06-6212-3005(道頓堀ZAZA)

「道頓堀人情」「道頓堀行進曲」「道頓堀川」と歌謡曲のタイトルにもなる
“道頓堀”にて歌謡ショーを毎月開催。
歌謡曲好き・演芸好きの方々にも楽しんで頂ける様な内容を予定しております。

【歌謡ショーの司会】
■7月23日(月)
「第5回浅草芸道歌謡ステージ」

会場
木馬亭
http://mokubatei.art.coocan.jp/

昼の部
開場12:00開演13:00
料金2000円

出演
何ン田研二
穂ン田あやや
北見翼

司会
地獄の遺伝子

チケットご予約ありましたら、このブログにコメントか、僕のTwitterにDMお願い致します。

【関西演芸協会寄席】
■7月27日(金)
「喜楽館こけら落し・夜席公演~関西演芸協会お笑いライブin喜楽館~」

会場
神戸新開地・喜楽館
https://kobe-kirakukan.jp/

開場18時
開演18時30分

料金
前売3000円・当日3500円
(全席指定)

出演
桂福団治
平和ラッパ・梅乃ハッパ
シンデレラエキスプレス
ビックリツカサ
チキチキジョニー
地獄の遺伝子

【鹿児島で漫才】
■7月28日(土)
「地獄の遺伝子SUPER JAPAN TOUR 2018 -九州SPECIAL-」
会場
SHIROYAMA HOTEL kagoshima 2F 開聞の間
住所
〒890-8586
鹿児島県鹿児島市新照院町41番1号
無料シャトルバス・無料駐車場あり。詳しくは、https://www.shiroyama-g.co.jp/ をご覧ください。

開場19:00開演19:30
終演21:00

料金2000円

出演
地獄の遺伝子(上方漫才師)
華井二等兵(松竹芸能)
マイク(鹿児島芸人)
ふもと(鹿児島芸人)
ファーストコンタクト(鹿児島芸人)

主催
関西演芸協会若手お笑い倶楽部

共催
お笑い集団メガとんズ

特別協賛
炭火焼・真心料理の店 とと家
大隅ミート産業株式会社

協賛
Jah kebabジャーケバブ
もりあげたいがー
さつま酒飯店 和総
Chee’s dining Basket Case
お茶の野本園

特別協力
九州・別府 地獄めぐりグッズ 有限会社ユーモア
0977-67-9001

《大阪日日新聞に掲載》
「息長くこれからも」 「道頓堀歌謡―」4周年に林健二ら - 大阪日日新聞 http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/180614/20180614033.html

《地獄の遺伝子が密着取材されました》
■NHK - 小さな旅 (2018年4月8日放送)
「笑う門には夢きたる~大阪 千日前界わい~」
http://www4.nhk.or.jp/kotabi/x/2018-04-08/21/22407/2648008/  
Posted by DNA池上 at 09:46 Comments( 1 )