2013年02月14日

バレンタインデー


チョコレートくださった皆様、ありがとうございました!

鼻血が出るほど喜んで食べました!

本命チョコや義理チョコの他に、今は友達に渡す友チョコや、お世話になってる人に渡す世話チョコ、自分へのご褒美にマイチョコ、家族に渡すファミチョコなど、多様化している。

そんな流れを考えつつ、将来どのようにバレンタインデーチョコの渡し方が多様化していくのかを考えてみた。

【2XXX年のバレンタインデー流行予想】

食べれる器!おチョコ!「ブランデーを飲む時が一石二鳥。まさに一粒で二度美味しいアーモンドキャラメルドみたいだね」
(男性会社員52歳)

寿命が延びるという噂のエキス入り!延命チョコ!「ドモホルンリンクルより早い時期から延命チョコを食べ始めました。まさかこんなに効果的とは。煩悩の数も倍になりました」
(主婦218歳)

ませた子供が先生にチョコを贈る!仁義チョコ!「これからもよろしゅうたのんますわ」
(年長組5歳)

生きとし生ける全ての者が対象!律儀チョコ!「男性女性、差別も区別もありません。チョコをもらう権利は皆にあるのです。だから私は全ての者にチョコを与えます」
(チョコレート活動家36歳)

二者択一の新機軸!うんこチョコ!「もし食べるとすれば〜、うんこ味のチョコか〜、チョコ味のうんこ、どっちにする〜?」
(アホ17歳)
  
Posted by DNA池上 at 23:55 Comments( 0 )