2010年11月08日

恋のキアリクかけとくれ



「早めに病院に行った方がいいですよ」

この言葉よく聞くし、実際僕も使う。

言われた側は病院に行くなんて事は前から判断してる訳であって、言った側もいざ自分なら病院に行かないと思う。

でも歯医者に8年振りに行って再認識したのだが、やはり病院には早く行くべきなのである。

腰が痛く、加えてたまに左足の親指先が痺れたりしてた時も、1年病院には行かなかった。

その時はレントゲンを撮り、MRIじゃないと詳しく調べられないから、また予約を取ってとかなんとか言われたので、結局湿布を処方してもらって、それっきり。

だって、邪魔くさいから。

今回は腰か肩か首か他どこが原因か分からないが、頭の左前付近が若干の違和感と痺れがあり、左耳が時折ツーンと若干痛くなる。

何ヶ月前からか覚えてないが、最近気付けばそんな調子。毎日違和感ある訳ではない。いや、毎日かな、どうだろ、ん、分からない。

ハリウッドの狂犬『ミッキー・ローク』主演の『レスラー』は、心臓発作を患ってからも、男の己の生き方を不器用ながらにも貫いた。

男の美学なんて女性には理解しようにも出来ない事であり、男の美学なんてエゴ以外の何ものでもない。

僕も男。

ナースの浮き出たブラとパンツラインに興奮します。

画像は痺れある頭。
  
Posted by DNA池上 at 18:14 Comments( 2 )