2010年05月10日

運命の日

南アフリカW杯まであと30日余り。

今日サッカー日本代表23名が発表される。

「外れるのはカズ、三浦カズ」

1998年に初めて日本がW杯に挑む時、当時の岡田監督が残したこの言葉が僕の胸に深く刻まれている。

賛否はあったが絶対的エースだった『三浦知良(キングカズ)』選手を、岡田監督は最終選考の合宿に呼んでいながらも落選させた。

若きエースストライカーにはプレッシャーがかかり、そして結果は皆さんご存知の通り。

今回の選手発表にサプライズ招集やサプライズ落選はあるのか??

僅かな希望だが、僕はキングカズが代表に選ばれる事を願っている。

Jリーグの為に、日本代表をW杯に導く為に、活躍していたブラジルのチームを去り、日本に戻ってきたキングカズ。

今のキングカズが日本代表の絶対的エースだとはファンの僕でも言えやしない。

でも日本が勝つ為の何かを伝え導き鼓舞してくれるだろう。

日本でのサッカー人気はW杯イヤーなのに低迷したまま。

メディアや世間の注目を考慮し、キングカズを代表に選べば、サッカーを知らない周囲の人々にも確実に届く。

しかし客寄せパンダじゃない。キングカズは戦略だ。

短時間で日本サッカーが強豪国との実力の差は埋められない。

個人では戦えない。

ピッチに立てなくとも23人が一丸となり戦わなきゃ、日本は勝てない。

だからキングカズがサポートし鼓舞してW杯に挑んで欲しい。

僕はキングカズが背番号11で日本の期待を背負い、W杯のピッチに立ったら、僕は号泣するだろう。

岡田監督、お願いします。

キングカズを代表に!!
  
Posted by DNA池上 at 09:37 Comments( 4 )