2010年03月14日

地獄の延長戦

『地獄の遺伝子』終わりでそのままバーカウンターで偽店主を勤めて、朝6時過ぎに『なんば白鯨』を出て電車に乗る。

寝たら乗り過ごしそうだったので携帯いじって起きていた。

明らかにふらつく頭と足。

帰宅して15分程横になり、ロールパンを1個かじり、バイト先に向かった。

バイト先に着いて煙草を一服していたら、寝不足からくる胃の荒れを再認識。

中高生が財布にコンドームを入れているように、僕は財布に胃薬を入れてある。だからそれを飲もうとしたら、いつか飲んで補充してなかったので無かった。ベタな展開。

仕方ないので諦めて、更衣室に向かった。

そして扉を開けた瞬間、目の前にいたのは僕の同僚だった。

「あれ!?〇〇さん、今日は僕に代勤を頼んでましたけど??」

と、僕が言うと〇〇さんは、

「そういえばそうやった。あぁごめん、もう大丈夫」

という訳で、バイトの為に急いで白鯨から帰ってくるも、そのバイトが実は元から無かったのだ。

なんじゃそりゃ。

なので僕はバイト先から家にとんぼ返りし、布団にくるまり横になった。

水飲んだり、そこまで言って委員会を見たり、ご飯食べたり、そしてまた寝たり。

素敵なホワイトデー。
  
Posted by DNA池上 at 20:06 Comments( 0 )