2009年11月30日

壊れかけた仲間達

使用している家電達。

人にも欠陥があるように、長く付き合うと家電達にも欠陥が出て来る。

壊れかけの仲間達。

人とは信頼関係があるように、家電にも信頼関係がある。

それでもいつか離れなければならない時が来る。

今まで付き合った女性が僕のもとから離れたように。

腐った男だから当然。

でも家電達は自らの意思で離れて行かない。

僕の意志で左右される。

家電には亭主関白である。

しかし甲斐性の無い僕では亭主関白のタクトは振れないので、壊れた仲間達とうまくお付き合いさせて頂いています。

家電は妻。尻にひかれて。

しかしその関係性に亀裂が生じるようになってきた。

まずは携帯電話。約2年使っている。クリアボタン押したら画面がフリーズしたり、いきなり電源が切れたり、通話状態が悪かったりする。

デジタルチューナーのラジオには巻き取り式のイヤホンが付いているのだが、中で絡まってコードが15cmぐらいしか出てこない。だからポケットに入れて聴いたり出来ないのだが、そもそもイヤホンの先が切れて無くなっているのでその使い方は出来ない。スピーカーに切り替えて聴いている。

アナログチューナーのラジオは内部の何かに問題があるようで、たまに聴けなくなる。その時はラジオ本体に強く圧力をかける。そうすると聴こえてくる時があるので、それを続けて『圧力チューニング』をする。映画“アルマゲドン”でロシア人宇宙飛行士が暴力的に宇宙船内の機械を直したような『叩けば直る』的なノリである。

安売りの殿堂で購入した聞いた事も無いメーカーのDVDプレイヤーは、保証期限が切れるとすぐ壊れた。DVDを入れても「グイーンチュルチュルグイーン」と『ターンテーブルでDJが皿を回すような音』がする。そんな変な音が出て、結局読み取らない。しかも買った当初からリモコンの調子はおかしかった。初めから壊れかけ。

テレビデオはビデオの再生は出来るのだが、巻き戻しが出来ない。テレビはテレビで点いたり消えたりする。デッキ部分も時におかしくて、電源を点けるとテープが入っていないのに、テープを出そうとする作業を延々繰り返す。そうなった場合はコンセントを抜いて数日放置する。それでも直らない場合はビデオ挿入口に手を突っ込み、色んな所をひたすら触りまくる。すると何故か直る。

CDMDラジカセはMDを聴く事しか出来ない。そのMDですら時に読み取らない。読み取らないだけならまだしも、時にMDを壊す。壊れてるから壊れた仲間を増やしたいのか??

待て待て。

これ以上仲間を増やすな。
もう充分だ。

持ち主がすでに壊れてる。
  
Posted by DNA池上 at 20:12 Comments( 2 )