2009年09月24日

おかきカフェ

梅田から難波に歩いている途中、新しい建物に目がいった。

看板には『世界初の無料カフェ』と書いてある。

まず『うさんくさい』と思った。だってそうでしょ。だいたい何か記入させられる。

でも梅田〜難波間の電車賃をケチって歩いている僕からすれば『無料』は気になって仕方がない。

突入。

手を洗う所がまずあり、紙コップと直径7センチぐらいのプラの皿を取る。

飲み物はコーヒー、紅茶、オレンジジュース。

プラの皿に何を入れるかというと『おかき』である。店内では『おかき皿』と呼ばれていた。

飲み物とおかきが無料。

イスとカウンター席があり、店内には老若男女がおかきと飲み物をむさぼりついていました。

勿論ルールがあって『お代わり禁止』で『紙コップとおかき皿は1人1つ』まで。

トレイに紙コップとおかき皿を置いて運ぶのだが、トレイがあるからおかき皿から大量にトレイにあふれさせている女性や堂々とお代わりをせがむ男性もいた。

「マナーの悪い人には肩をポンっと叩いて下さい」みたいなアナウンスが流れている。

店内には無料カフェ以外にストアもあり、おかきも買える。

『おかきの播磨屋本店』が『企業ボランティア活動』として『播磨屋ステーション』と名付けフリーカフェをしているのだ。

無料で飲み物とおかきを食べるだけでOK。うさんくさがった僕で、すみません。

これから梅田〜難波間を歩く時に休憩場所として使わさせていただきます。

ちなみに場所は御堂筋を北から南に歩いていた時、本町界隈で見つけました。道路沿いなので見つけられると思います。
  
Posted by DNA池上 at 19:23 Comments( 4 )