2009年07月07日

七夕

今日は七夕です。

天の川に橋がかかり彦星と織姫が年に1度会う事が出来る素敵な日。

1年に1度しか会えないなら会って何をしているのか。綺麗事を言うような人もいるでしょう。しかし自分に置き換えて下さい。



我慢できますか?



彦星と織姫はどれぐらい強烈に愛を確かめ合うのでしょうか。僕は洋画でよくある『明日軍に戻らなきゃいけない軍人とその恋人が互いの体をむさぼるように求め合う』イメージを思い描いています。

会う前日ともなれば彦星はもうパンパンでしょうね。でもすぐ済んでしまう危険性を回避すべく、事前処理をしているでしょう。しかしあまり直前だと量をチェックされて「私以外の姫で興奮してたでしょ?」と織姫につつかれます。それをケアしつつ持続もキープしたい彦星の苦労が伺えます。

織姫は織姫で気をつけているはずです。隅に置けないほど美しいはずであろう織姫は、色んな輩から声をかけられているはずです。

うめぼし

や、

にぼし

や、

てんぴぼし

達から。…くだらねぇ。

彦星は意外に無垢で織姫以外と致す事はなく、七夕で男らしさを織姫にみせたく連日連夜の自家発電のみ。健気です。

織姫は他の輩で経験値を上げているが、自主練で上げた程度の経験値を彦星にぶつける芸達者です。

雨が降ったら天の川が増水して橋を渡れず、彦星と織姫は会う事が出来ない。だから七夕で降った雨は『彦星と織姫の涙』との事。『雨が涙』ってのはどうでもいいですが『増水して会えない』というのはいいですね。好きな設定です。

その内ゲリラ豪雨で水田が気になり、織姫との待ち合わせ時間に彦星が遅れるかも知れません。

愛も自然には勝てません。
  
Posted by DNA池上 at 18:39 Comments( 0 )