2009年06月14日

三沢光晴

僕は15〜20歳頃までの間でプロレスに少し興味があった。テレビ放送を観たり、雑誌を買ったり、観戦しにも行った。

しかし今はどうか。

全く情報収集もしないし、興味も薄れ、何がどうなっているのか分からない。



三沢が社長!?

武藤も社長!?

蝶野は何してるの!?

てなもんです。



そんな僕でも三沢が試合中に死亡した事は耳に入ったし、強烈に驚いた。

僕の古き記憶のイメージで、三沢光晴選手は『動きが軽く、受け身が上手く、くらってもくらっても立ち上がるプロレスラー』のイメージがある。それはもう過去のイメージであり、体にムチを打ってプロレスに経営に勤めていたのだと察します。



世間はこの事故をどのように受け止め、感じたのか。

僕なりに思った事を綴ります。



プロレス業界の経営が厳しい状況なら、プロレスラーの環境面も良くなかったはず。そんな中でもプロとして満身創痍で命懸けなプロレスをしていたはず。

格闘技とて種目が違うので一概に言えないが、大相撲で力士が投げられると体を傷める時がある。たった1回の投げで傷めるのです。

それに比べプロレスラーは何度も何度も投げられている。メインやベルトのかかった試合なら、試合終盤は危険な技を連発する。それでも何度も立ち上がり盛り上げる。スタミナが消耗してきた中で繰り広げられる凄まじい攻防戦。プロレスラーは本当に凄い。ゆえに今回の事故はプロレスの技がいかに危険で破壊力があるのだと証明したように感じた。

しかしそれらを観客に見せる為には『体作り』や『受け身』、そして『加減』が大切です。体作りは体が資本のプロレスラーにとっては基本中の基本です。受け身もそう。そして加減。これこそがプロレスの試合を構築するのに大きな要素だと僕は思う。

日頃から互いに切磋琢磨して厳しい練習をし、築き上げたプロレスを展開し観客を楽しませる。

しかし社長であり選手となれば、やはり練習量は減っていたでしょうし、そうなれば今まで出来ていた動きも少しずつ衰えていたでしょう。

内情全く知らないくせにえらそうに発言するが『不慮の事故ではなく起こるべくして起きた事故』ではないかと僕は思うのです。



三沢は以前から体調不良を訴えていたみたいです。

『体調不良でも三沢はやってくれる』という周囲の目もあったでしょうし、実際に体調不良でも良い結果を出していたのでしょう。だから誰もが事故当日も『三沢ならいつものようにやってのける』と思っていたのでしょう。

そして最悪の結果を。



不謹慎ではあるが社長の死によって注目を浴びたノア。これからノアは経営を立て直せるのか、たたむのか。

経営陣やプロレスラーは、方舟に乗り先に旅立ったノアの社長の死を決して悲しみだけで終わらせず、業界内で色んな事を改善し見つめ直して、プロレス人気を再構築して欲しい。
  
Posted by DNA池上 at 20:25 Comments( 0 )